藤子・F・不二雄ミュージアムを2倍楽しむための5つのポイント

藤子不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。

ドラえもんやドラミちゃんはもちろん、Qちゃん、コロ助、パーマンなど、
ミュージアムの中には楽しいキャラクター達が一杯!

とてもあたたか~い気持ちになれるミュージアムです。

ミュージアムでは漫画作りの工程や藤子・F・不二雄先生の歴史も学べて、
大人も子供も世代を越えて楽しめます。

そこで、実際に行って分かった藤子・F・不二雄ミュージアムを
120%楽しむための5つのポイントを紹介します。

藤子・F・不二雄ミュージアムを楽しむ5つのポイント

登戸駅から直行バスでミュージアムへ

藤子不二雄ミュージアムへの直行バス

藤子・F・不二雄ミュージアムへは、最寄りの登戸駅から直行の市バスが出ています。
ラッピングだけではなく、内装もキャラクターデザインになっているので、
行き道から気分が盛り上がること間違いなし!

どのバスに当たるのかはタイミングによって違うので当日のお楽しみです。

ドラえもんの映画は予めチェックしておく

ミュージアム内には人気のスポットがいくつかあります。
ドラえもんの映画を予め知っているのと知らないのとでは大違い!

そのなかでも特に人気の2つのスポットにあわせた映画は要チェックです。

藤子不二雄ミュージアムのピー助

ドラえもん のび太の恐竜」より、ピー助に乗るドラえもんとのび太君です。
夜はライトアップしてとても幻想的な雰囲気になりますが、
昼にしか見えないものもあるので明るいうちに見るのがオススメです!

藤子不二雄ミュージアムの石になったドラえもん

こちらも大人気作品「ドラえもん のび太の魔界大冒険」より。
まるで映画の世界の中に入ったように、石になったドラえもんが展示されています。

大まかな鑑賞ルートを予め決めておく

特に土日祝日などにミュージアムへ行く場合は、鑑賞ルートを決めておきましょう。

館内で特に混雑するのは「はらっぱ」と「カフェ」の2カ所です。

3階野外のはらっぱには、ドラえもんと土管、ピー助、どこでもドアをはじめ、
ドラミちゃん、Q太郎、コロ助などと写真が撮れるフォトスポットがあります。

混雑しているとゆっくりとキャラクター達と一緒に写真が撮れなかったり、
人が沢山写り込んだりしてしまうので、早めに行くといいかもしれません。

また、3階には大人気のミュージアムカフェもあります。
予めの予約はできませんが、混雑時はカフェに行くと順番待ちの整理券が貰えます。
入館後にすぐカフェに向かって整理券をゲットしたうえで、
カフェの席が空くまでの時間を使って展示物を楽しむとスムーズな場合も…。

入館後はとりあえず3階へ直行するのもアリです。
その場合は、入館後すぐに「おはなしでんわ(無料のイヤホンガイド)」を借りずに、
まずは3階のはらっぱやカフェに行くことを伝えて直行しましょう。

おはなしでんわを持ったまま、カフェやはらっぱには行けません。

カフェが空いているかどうかはこればっかりはタイミングです。
カフェが気になる場合は、入館時にフロントで混雑具合を聞いてもいいですね。

ちなみに…

藤子不二雄ミュージアムのミュージアムカフェ

館内のミュージアムカフェは可愛いメニューがいっぱいです。

カフェでは季節ごとのオリジナルメニューが出ていて、
ラテアートドリンクで期間限定のドラえもんのサンタver.が当たりました。

スタッフのお姉さんから「お写真撮りましょうか?」と声をかけていただきました。
写真を撮っても良い思い出になりますね。

隠れスポットを探索する

藤子・F・不二雄ミュージアムには、隠れスポットや隠れキャラが沢山存在します。

ドラえもんに登場する幻のツチノコや、大魔境のバウワンコの石像、
ジャングル黒べぇがいたり、キャンピングカプセルなどのひみつの道具もどこかに。

そのほかにも、駅前やミュージアムに向かう道などにも色々なキャラクターの銅像や、
風見鶏なども見つけることができますよ。

ゆっくりと時間をかけてじっくり見て回ると、楽しい発見があります。

世界でたった1つだけのローソン

藤子・F・不二雄仕様のローソン宿河原駅前店

藤子不二雄仕様の特別なローソンが世界にたった1店だけ存在します。
藤子不二雄ミュージアムからも近い宿河原駅駅前にあります。

直行バスが運行している登戸駅からは、JR南武線で1駅です。
藤子不二雄ミュージアムから歩いて行くこともできます。(15分~20分ほど)

壁や天井にもドラえもんなど藤子・F・不二雄先生のキャラクター達が描かれていたり、
店内にはドラえもんグッズも販売されています。

瀬戸そーいち
完全日時指定予約制なのでフラっと遊びに行ける場所ではないですが、大人でもたった1000円で楽しめるのはかなり価値を感じました。

藤子不二雄ミュージアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です