Soundcore Life P2に使える低反発ウレタン製イヤーピースを紹介!

Soundcore life P2に使えるウレタン製イヤーピースを紹介! 買い物

Soundcore Life P2に使える低反発ウレタン製のイヤーピースを紹介を紹介します。

AnkerのSoundcore Life P2といえば、コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Life P2の特徴だけをザッとまとめると…

  • AACコーデック対応で、iOS端末で高音質・低遅延で音楽が聴ける
  • apt-Xコーデック対応で、Android端末でも高音質・低遅延で音楽が聴ける
  • 充電端子はUSB-C
  • 防水規格はIPX7(シャワー浴びながら聴けるレベル)
  • イヤホン本体で最大7時間、ケース込みで最大40時間使える

「apt-x」「USB-C」「IPX7」の3点だけでも即買いレベルなんですが、
なんとこれが5,000円以下で買えるというのがさすがAnkerですね。

ただ、いざイヤーピースを自分の好みの物に変えようと思っても、
Soundcore Life P2もワイヤレスイヤホンならではの問題が出てきます。

ワイヤレスイヤホンは下手にイヤーピースを変えると、
ケースに収まらなくなることで充電端子同士が上手く接地せずに充電できなくなります。

そーいち
その点では、Soundcore Life P2は横置き収納なのでより一層イヤーピースサイズがシビアです。

そんななか、ケースにもきっちり収まる数少ないイヤーピースを2つ紹介します。

Soundcore Life P2に使えるウレタン製イヤーピース

Soundcore Life P2に使えるウレタン製イヤーピースは次の2つです。

  • Comply Truly Wireless
  • St.espoir ワイヤレスTWS用イヤーピース

どちらもワイヤレスイヤホン(TWS)向けに設計されたイヤーピースなので、
ケースと干渉しないように高さが7.0mmほどで低くなっています。

2つのイヤーピースは価格や機能性がまったく違います。

予算や求める機能性によって自然とベストな方が決まると思うので参考にしてみて下さい。

Comply Truly Wirelessのポイント

comply(コンプライ)のワイヤレスイヤホン向けのイヤーピース

Comply(コンプライ)はイヤーピースの代表的なブランドです。

そのComply(コンプライ)のワイヤレスイヤホン向けのイヤーピース製品が、
こちらの「Comply Truly Wireless」です。

独自開発の発泡材を使っていてワンランクの上の音質が楽しめます。

comply(コンプライ)のワイヤレスイヤホン向けのイヤーピースの耳垢ガード

取り出してみるとこんな感じです。

機能性も高く、耳垢ガードが付いているのがポイント!

白いフィルターが1枚入っているので、イヤホン本体に粉の耳垢が入っていきません。

ただ、ネックとなるのが「価格」でイヤーピースとしては高めです。

そーいち
劣化が早い低反発ウレタンで、1ペア(2つ入り)で1,500円以上するのでお手軽とは言えません。写真の割安な3ペアセットのもので3,000円くらいです。

ワイヤレスTWS用イヤーピースのポイント

Soundcore Life P2に使える低反発ウレタンのイヤーピース1

「St.espoir」というお店が販売している低反発ウレタンのイヤーピースです。

こちらのポイントは、とても安くて扱いやすい!

左右2セット(4つ)入って、なんと500円以下で買えます。

国内検品でケース付きです。

音質的には比較するとComply Truly Wirelessには及ばないものの、
Soundcore Life P2はもともとの音質が良いので普段使いには十分でした。

そーいち
低反発ウレタンならではの遮音性の高さや低音のクリアさは十分堪能できます。
どっちを選ぶかは「予算」と「耳垢ガードの有無」で選べばOK!

Soundcore Life P2を低反発ウレタンのイヤーピースに交換!

コストパフォーマンスや劣化が早い低反発ウレタンかつ消耗品であることを考えると、
おすすめできるのはSt.espoirの「ワイヤレスTWS用イヤーピース」です。

ちなみに、付属品のAnkerのシリコン製イヤーピースはペラペラなのでおすすめしません。

AnkerのSoundocore Life P2の付属品のシリコン製イヤーピース

この薄さは申し訳ないですが、イヤピの音質アップは期待するなと言われているに等しいですよね。

そーいち
向こう側が透けちゃってます…。

それでは交換していきましょう。

Soundcore Life P2に使える低反発ウレタンのイヤーピース2

こちらがSt.espoirが販売している「ワイヤレスTWS用イヤーピース」です。

2セット入っていて、ケース付きなのが嬉しいですね。

Soundocore Life P2のシリコンイヤーピースと低反発ウレタンイヤーピースの比較

Soundcore Life P2の純正のシリコンのイヤーピースと並べてみました。

高さはほぼ同じですが、付属のイヤーピースは球体型で、
St.espoirは台形のような一般的な標準的な形をしています。

そーいち
この高さ(7mm以下)じゃないとケースに収容できません!
Soundocore Life P2に低反発ウレタンのイヤーピースを装着

Soundcore life P2に低反発シリコンのイヤーピースを装着しました。

そーいち
ペラペラ感が無くなってイヤーピースにボリュームが出ただけでイヤホンの見た目もしっかりします。
Soundocore Life P2のシリコン製イヤーチップと低反発ウレタンイヤーピースの比較

シリコンと低反発ウレタンのこのイヤーピースの分厚さを見比べてみれば、
音質が簡単に改善されることも容易に想像できるかと思います。

Soundocore Life P2に低反発ウレタン製イヤーピースを付けて充電

もちろん、St.espoirのイヤーピースなら充電ケースにも干渉しません。

充電ランプが光っているので、問題なく使用できます。

Soundcore Life P2&ウレタン製イヤーピースの音質

Soundcore life P2とウレタン製イヤーピースの音質

音の特徴としては中低音に厚みが出て、低音がずっしり重くなりました。

低反発のウレタン製なので耳の穴によくフィットして装着感も良いです。

Comply Truly Wirelessの場合は、それに加えて音の抜けがアップする感じです。

Soundcore Life P2はもともとやや低音が強くチューニングされているので、
どちらのイヤーピースでも強めに低音が出てくるようになります。

そーいち
低音が重すぎる場合は、イコライザーのアプリなどを使って低音を調整してあげるとベストです。

Soundcore Life P2&ウレタン製イヤーピースのデメリット

Soundcore life P2&ウレタン製イヤーピースのデメリット

一方で、Soundcore Life P2に低反発ウレタンイヤーピースを装着したことで起きるデメリットも2つ紹介します。

低反発ウレタンは水に弱い

Soundcore Life P2はIPX7の高い防水性が特徴の1つですが、
ウレタン製は耐久性が低いので水には弱いです。

シャワー中によく音楽を聴くような人の場合はすぐにイヤーピースが劣化していきます。

耳汗レベルなら問題ありません。

耳穴が特に小さい人は耳が痛くなる可能性がある

低反発ウレタンは元の形に戻ろうとする力が常に発生するので、
個々の耳穴にぴったりとフィットします。

どちらのイヤーピースも共にMサイズ相当ですが、
耳穴が特に小さい人の場合は少し注意が必要です。

ウレタンの復元力によって、耳穴が圧迫されて耳が痛くなる可能性があります。

そーいち
普段からSSサイズのイヤーピースを付けているような人にはあまりおすすめできません。

どちらのイヤーピースもAmazonが安い!

こちらで紹介したSoundcore Life P2に使える2つの低反発イヤーピースは、Amazonで購入できます。

「Comply Truly Wireless」はAmaoznで安く購入でき、
「St.espoir ワイヤレスTWS用イヤーピース」はAmazonでしか売ってません。

「低反発ウレタンのイヤピが良い!」という人は参考にしてみて下さい。

耳垢ガード付き!Comply Truly Wirelessの詳細はこちら!

コスパ抜群!St.espoirのワイヤレスTWS用イヤーピースの詳細はこちら!