マイクロソフトの折りたたみキーボードの良い所・悪い所は?【レビュー】

マイクロソフトの折りたたみキーボードの良い所・悪い所は?【レビュー】 ウェブ・IT

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」のレビューです。

現在は既に生産を終了している折りたたみキーボードですが、
圧倒的な使いやすさと携帯性の良さから今でも高い人気を誇っています。

そーいち
私もマイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」を3年以上愛用しています。

Amazonやヤフオク、メルカリなどでも多く販売されていて、
価格は新品・中古を含めて大体6,000円~20,000円くらいです。

持ち歩ける折りたたみキーボードとしては若干高めなので、
よければこの記事で紹介するメリットとデメリットを参考にしてみて下さい。

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」の良いところ

マイクロソフトの折りたたみキーボードの良いところを3つ紹介します。

  • 驚くほど薄くて携帯性が抜群に良い
  • マルチペアリング機能搭載で2台で使える
  • キーが秀逸で使いやすい

個人的にはどれも重宝している良いポイントで、
代替のキーボードを見つけようとしてもほとんど見つかりません。

3年間利用してみてやっぱり他のキーボードよりも使いやすいので、
今更ながらレビューしようと思った次第です。

それでは詳しく紹介します。

薄くて携帯性が抜群に良い

Universal Foldable Keyboardは折りたたんだ状態でも薄い

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」の一番のポイントは薄さです。

キーボードを開いた時はわずか5.3mmという薄さで、
二つ折りに畳んだ状態でも10.5mmくらいの平べったさです。

かばんの中などに入れても場所を取らないので持ち歩きやすく、
サイズによってはiPadやノートパソコンの収納ケースに本体と一緒に入れられます。

重さも180gで、折りたたみキーボードとしてはかなり軽いです。

そーいち
とにかく軽くて薄いキーボードならこれ一択!

二つ折りにした時は左右のキーボード同士が磁石でピタッとくっ付くので、
仮に裸でかばんの中に入れていてもキーボードが開くこともありません。

マルチペアリング機能

Universal Foldable Keyboardのマルチペアリング機能

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」は、
2台のデバイスと接続が可能です。

Escキーの隣にあるボタンで2つのデバイスが簡単に切り替えられます。

例えば、タブレットで文章を入力している最中にスマホ検索したい時なども、
ペアリングキーを押すことでそのままスマホでキーボードが使えます。

そーいち
これがかなり便利で、作業が効率化しますよ。
Universal Foldable Keyboardのペアリング

ペアリング時もペアリングキーやOS選択キーが白色に光るので、
「接続時にどちらに繋げているか」が視覚的にすぐに分かるのもポイント!

最新のキーボードでは3台ペアリングのキーボードもありますが、
個人的にはiPadをメインにスマホも接続できれば十分なので事足りています。

キーが秀逸で使いやすい

Universal Foldable Keyboardの薄さ

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」は、
ノートパソコンなどに採用されるパンタグラフ式のキーボードです。

キーの端を押してもキー全体が垂直に沈み込むのでミスタイプを防げます。

キーの打鍵感はなかなかしっかりとしつつも、
カチャカチャと音はしないので静音性にも優れています。

そーいち
カフェで使う場合なども気兼ねなく使えます。

キーストロークはパンタグラフ式なので浅めですが、
この薄さにしてこの深さを確保できているのはMicrosoftの技術の賜物!

ちなみに、キーはSurfaceと同じ材質とストロークです。

キーピッチも折りたたみキーボードとしては十分な16~17mmが確保されていて、
外出先で入力する分には問題ありません。

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」の悪いところ

マイクロソフトの折りたたみキーボードの悪いところも3つ紹介します。

  • 自己流ブラインドタッチをしている人は使い辛い
  • (良い分だけ)価格が高め
  • iOS端末ではキーボードがUS配列になる

自己流ブラインドタッチをしている人は使い辛い

Universal Foldable Keyboardの左右の境界部分の隙間

折りたたみキーボードのキー配列は折りたたむ分だけクセが強いものが多いですが、
「Universal Foldable Keyboard」も特徴的です。

キーボードの折りたたみ部分はキーが設置されていないので、
右半分と左半分の間に2.3cmほどの隙間があります。

そーいち
この隙間が人によってはかなりのクセモノになります。

正しい指使いでブラインドタッチをしている人にとっては支障ありませんが、
例えばBを右手の人差し指で押しているような自己流派の人は使い辛いはずです。

価格が高め

Universal Foldable Keyboardは値段が高め

薄さや携帯性や使いやすさに優れているのでその価値はあると感じていますが、
「Universal Foldable Keyboard」は折りたたみキーボードとしては価格が高めです。

多くの折りたたみキーボードは5,000円以下で買えるものが多いです。

「少々分厚さがあっても折りたためればいい」「キーが英語配列でもいい」と言う人は、
EWINiCleverなどの折りたたみキーボードという選択肢もあります。

そーいち
私も一時期使ってましたがなかなか便利に使えます。ただ、キーの打鍵感は値段相応で快適ではありませんでした。

iOS端末ではキーボードがUS配列になる

Universal Foldable KeyboardのUSキーボード入力

「Universal Foldable Keyboard」はWindowsやAndroidの場合は問題ありません。

キーボードの配列の設定を日本語配列に設定すれば、
キーボードの印字通りの日本語配列のキーボードとして使えます。

ただ、iOS端末の場合は問答無用でUS配列のキーボードとして認識されます。

なので、例えば「@」を入力する場合は「Shift+2」が「@」になります。

iOS端末での使用を想定して、一部のキーには濃いグレーでUS配列の印字がされています。

ただ、この問題は「Universal Foldable Keyboard」に限ったことではないので、
Bluetoothキーボードを使うのであれば越えなければならない道です。

そーいち
慣れればそこまで不便ではありません。

「Universal Foldable Keyboard」をサラっと紹介【開封】

Universal Foldable Keyboardの箱【開封】

ほぼほぼキーボードを折りたたんだ時のサイズと同じくらいの小さな箱です。

Universal Foldable Keyboardの箱の開け方【開封】

箱はマグネット式になっていて、細やかなデザインセンスを感じます。

AppleやMicrosoftなどはこのあたりもスマートですね。

そーいち
マグネット式になっているのに気付かず、力ずくで上から箱を開けてしまう人も時々いるようです。ご注意あれ。
Universal Foldable Keyboardの説明書【開封】

開いた蓋の裏側が説明書になっています。

グローバルコミュニケーションを重視したほぼイラストだけの説明で、
電源のON/OFFやペアリングや充電方法が説明されています。

Universal Foldable Keyboardの付属品【開封】

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」の内容物です。

  • キーボード本体
  • Micro-USBケーブル(充電用)
  • 保証書

付属品もとてもシンプルです。

Universal Foldable KeyboardのUSキーボード入力の説明書【開封】

保証書の内側には、上で紹介したUSキーボード入力の対応表が載っています。

「Universal Foldable Keyboard」は2020年の今でもおすすめ!

生産終了品ながら「Universal Foldable Keyboard」は今でも頻繁に売り買いされています。

iOS端末でのUSキーボード認識はどれでも同じだと考えれば、
キーの打鍵感の良さや本体の薄さは他の製品には代えられない価値があります。

そーいち
携帯性の良さや日本語と英数を簡単に切り替えられる日本語配列キーは、やっぱり便利です。

よければ参考にしてみて下さい。

マイクロソフトの折りたたみキーボード「Universal Foldable Keyboard」の詳細はこちら!