WordPressテーマ「ハミングバード」で美しいブログを作るためのポイントとは?

WordPressテーマ「ハミングバード」 ウェブ・IT

WordPressテーマとして定評のある「ハミングバード」を当ブログに導入しました。

「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」がコンセプトだけあって、
本当にそのままでも美しいデザインのブログが簡単に作れます。

私は勉強の意味合いも兼ねてテンプレートを購入すると色々とカスタマイズします。

そーいち
HTMLやCSSやPHPなどのいわば「ブログの設計図」を見ることは、本当に色々な勉強になります。

色々と検証してみた結果として、

「ハミングバードは、あまり大きなカスタマイズをしないこと」

さすがデザイン性が高いOPENCAGEのテーマだけあって、
下手に触らないのが美しいデザインを作るポイントです。

カスタマイズ症候群にかかっている人は注意

ハミングバードは、Wordpressテーマ作者としても定評のある、
矢野ヨシキさんがデザインされています。

デザイン面や機能面は予め最適化されていて、
コンテンツの作成(書くこと)に集中できるテーマです。

その時点でテーマはそのままでもほぼ完成されていることに他ならず、
触れば触るほどデザインレベルが落ちていく可能性も高いです。

少し話は変わりますが…、

将棋で一番隙の無い布陣の形って分かりますか?

実は「最初に並べた形」が将棋では一番強く、
一手指すごとに布陣に隙が生まれていくといわれています。

それと同じで、デザイン崩れを起こさせないためにもむやみには触らず、
アクセント的な意味合いでカスタマイズしていくのがおすすめ!

ハミングバードをより美しくデザインするために

大きなカスタマイズはご法度ですが、そのままでは差別化もできません。

以下のような小さなカスタマイズで差別化をはかりましょう。

  • 文字装飾で彩る
  • 画像で彩る

文字装飾で彩る

フォントの色を変えたりラインを引いたり背景色を付けたり
シンプルな文字装飾がデザイン性を高めます。

HTMLとCSSの簡単な知識があれば誰でもできると思うで、
色々試してみてABテストなどをすると良い装飾が分かってくるはずです。

そーいち
AddQuickTagについでに文字装飾のHTMLも登録しておくと、とても便利に使えます。

見出しタグ、リストマーク、フォントあたりを変えると、
一気に見栄えが変わってきます。

画像で彩る

PhotoshopやGIMPなどを使って作ったオリジナル画像を挿入すると、
独自性も高まってデザイン的にも見栄えが良くなります。

例えば…、

勉強も兼ねてハミングバードをストーク風にカスタマイズしてみたんですが、

ストーク風にカスタマイズ

普通に画面をプリントスクリーンしただけの画像よりは、
こんな風な画像でアップすると訪問者の視線をキャッチしやすくなります。

そーいち
せっかくモバイルファーストで美しく設計されているのでデザイン面はあまりカスタマイズしすぎないのが吉。

文字装飾と画像装飾だけでも十分差別化できます。