海老蔵マスクの夏用が予想通り良かった話【正直にレビュー】

海老蔵マスクの夏用が予想通り良かった話【正直にレビュー】 買い物

海老蔵マスクの夏用マスクが6月30日に発売されました。

製造・販売元のDR.C医薬のオンラインショップでの先行販売でしたが、
大人用は即日完売で入手困難になっています。

そーいち
海老蔵マスクはオールシーズンタイプも人気なので、新商品の夏用タイプを狙ってた人も多かったようですね。

私はタオル美術館の直販で一足早く海老蔵マスクの夏用を使っていたので、
予想通りに良かったところ、悪かったところを正直にレビューします。

よければ参考にしてみて下さい。

海老蔵マスクの夏用を実際に使って良かったところ【3つ】

海老蔵マスクの夏用を使っていて実際に良かった3つのポイントを紹介します。

医療のプロ「DR.C医薬」と繊維のプロ「タオル美術館」が共同開発したマスクなので、
夏用マスクもオールシーズン用と同様に使い心地や質が高かったです。

そーいち
オールシーズン用から愛用してますが、医療と繊維のプロが作ったマスクなので、ぶっちゃけ品質や機能性などが他のマスクとは違います。

まぁ、1枚で980円しますからね。

話題のユニクロのエアリズムマスクでも3枚990円なので、
そのあたりの価格帯のマスクとも質感が違うのは明らかです。

ワンランク上の使い心地で、約1,000円のマスクとしてのコスパは最高!

それでは、具体的に良かった3つのポイントを紹介します。

夏にこそ嬉しいハイドロ銀チタンのニオイ分解【快適】

海老蔵マスクの夏用のハイドロ銀チタンによるニオイ分解

夏のマスクは当然汗をかきますよね。

ハイドロ銀チタンは汗のニオイの元になるタンパク質を分解してくれるので、
マスクが汗ばんでも汗臭くなったりしません。

『仕事中は基本的にずっとマスク着用』みたいな人も多いはずですが、
夏は汗など嫌なニオイが特に気になる季節なのでおすすめ!

また、ハイドロ銀チタンは口臭などの嫌な臭いの分解にも有効です。

口臭に悩んでいる人はもちろん、職場の口臭エチケット対策などに使うのもアリですね。

そーいち
化学反応の力はスゴイ!分解して物質自体を失くすのが最強です。

従来品と比べて通気性がアップ【息がしやすい】

海老蔵マスクの夏用は息がしやすい

オールシーズン用の従来の海老蔵マスクはガーゼの4層構造ですが、
海老蔵マスクの夏用はガーゼ2層+接触冷感ファイバー1層の3層構造です。

1層薄くなっている分だけ、確かに息がしやすい!

従来の海老蔵マスクと夏用の厚みの比較はこんな感じ。

海老蔵マスクのオールシーズン用と夏用の比較

見た目でけっこう違いますよね。

生地の層が4層から3層になって1層薄くなっただけでも、
装着した時の通気性や手に持った時の厚みが違います。

そーいち
息がしやすく蒸れにくいので、無意識にマスクを触ったりすることも無くなって衛生的にも良い感じです。

洗濯機洗いOK【綿が劣化し辛い使用感】

「洗えるマスク」で個人的に重視しているのが「洗濯機洗い」の対応です。

洗濯機洗いができると、手間と時間の短縮になるので一気に使いやすくなります。

ユニクロのエアリズムマスクは洗濯機洗いが好評ですが、
海老蔵マスクも洗濯機対応なのでネットに入れて洗えばOK!

洗濯機で洗った海老蔵マスクの夏用マスク

ちなみに海老蔵の夏マスクは、これまで6・7回洗いました。

内側の接触冷感ファイバーの網が破けることも無く、
ほつれや耳のゴム紐が伸びている感じも見られません。

オールシーズンの海老蔵マスクに比べて生地が1層薄いですが、
夏用タイプも洗濯機で洗っても全然OKな感じです!

さすが「タオル美術館」が作ってるだけありますね。

そーいち
安定の質感。洗っても綿が縮まないのも素晴らしい!

海老蔵マスクの夏用はここがダメ!【デメリット】

海老蔵マスクの夏用のデメリット部分も正直に紹介します。

カラーバリエーションが両面ホワイトの1色のみ

海老蔵マスクの夏用の冷感マスクは、現在のところ両面ホワイト1色のみ。

海老蔵マスクはカラーバリエーションも人気の理由のひとつだったので、
せめてグレーとホワイトの2色展開くらいは欲しかったところです。

ちなみに、オールシーズンの海老蔵マスクのカラーラインナップはこんな感じです。

海老蔵マスクのカラーバリエーション

洗っても使用感が目立ちにくいグレーは長く使いやすく、
裏面ベージュは自然な白マスクでありながらメイク移りが防げます。

そーいち
濃すぎないライトグレーはオシャレで、かつ汚れも目立たないので人気ですね。

口側の接触冷感ファイバーはサラサラした生地で汚れは付きにくいものの、
ライトグレーや裏面ベージュなどがあればより良かったと思います。

DRC医薬のロゴが目立ちすぎ

海老蔵マスクの目立つロゴ

海老蔵マスクは、表裏を見分けるためのマスク外側にDRC医薬の水滴ロゴが付いています。

周りでもオールシーズン用でけっこう不評だったので改善されるかなと思ってましたが、
夏用でもロゴは健在でした…。

夏用マスクはホワイトなので、ロゴがより一層目立ちます。

そーいち
「小さな子供が家でシール遊びしててマスクに付けちゃったかな?」レベルに違和感があります。

違う形で表裏が分かるようにするか(というか目印が無くても分かるかも)、
ロゴを入れるならあまり浮かないカラーで入れてほしかったですね。

海老蔵マスクの夏用タイプの開封イメージ

海老蔵マスクの夏用マスクのパッケージの表面

正式名称は「ハイドロ銀チタン COOLガーゼマスク」です。

オールシーズン用はシルバーのパッケージでしたが、
夏用はブルーで涼しげですね。

海老蔵マスクの夏用マスクのパッケージの裏面

海老蔵マスクの夏用の大人サイズは、オールシーズンの物よりも若干小さく作られています。

オールシーズン用のサイズをカッコ内に書きました。

  • ふつう…幅約160mm×縦約145mm(幅約200mm×縦約140mm)
  • 小さめ…幅約140mm×縦約130mm(幅約170mm×縦約130mm)

幅が少し小さくなってますね。

海老蔵マスクの夏用マスクの表面

やっぱり目立つDR.Cの水滴ロゴマーク。

海老蔵マスクの夏用マスクの裏面

口に直接当たる最も内側の生地は接触冷感ファイバーが使われています。

そーいち
念のために言っておくと、接触冷感なので「付けた時にひんやり」です。

通気性が良いので涼しいですが、ファイバー面自体がずっと冷えているわけではありません。

【総合評価】それでも海老蔵マスクの夏用は買う価値アリ!

まとめ

海老蔵マスクの夏用タイプを使っていて感じたメリットとデメリットを正直に紹介しました。

ロゴが目立ち過ぎ問題はけっこう大きなマイナスポイントです。

それでも、個人的な総合評価としては、

「ロゴはクソ目立つけど、それをカバーするくらい品質と価格が良いので使う!」

です。

良いマスクを探せば1枚2,000円~3,000円くらい出せばたくさんありますが、
「約1,000円でこのクオリティはすごい」と感じます。

  • 冷感マスク
  • 洗濯機洗いOK
  • 繊維メーカーの確かな綿品質
  • ハイドロ銀チタン加工(ニオイ分解)
  • 980円

この5つの条件を考えても、総合的なコスパは高いです。

海老蔵マスクの夏用の「ハイドロ銀チタン クールガーゼマスク」は人気で、
DR.C医薬のオンラインショップの次回販売再開予定は8月10日前後とのこと。

タオル美術館のオンラインショップでは7月6日の12時より再販予定なので、
DR.C医薬よりは少し早く手に入りそうです。

綿100%、洗濯機洗いOK、ハイドロ銀チタン加工などは同じなので、
在庫があるオールシーズンタイプをまず試してみるのもアリですね。

よければ参考にしてみて下さい。

話題の海老蔵マスク!「ハイドロ銀チタン ソフトガーゼマスク」の詳細はこちら!