iDeCo(イデコ)は危険!?まだ国に頼りますか?

idecoの危険性とリスク

iDeCo(イデコ)の危険性

iDeCo(イデコ)は、第3の年金とも呼ばれる個人型の確定拠出年金です。

個人型確定拠出年金の加入者の範囲が拡大されたことから、
現在、銀行や証券会社などが続々とiDecoの商品を出しています。

「年金を多く貰える!上積みされる!」

そんな言葉だけを鵜呑みにして加入してしまうと非常に危険です。

iDecoは歴とした資産運用

「年金って付いてるし…」「国もPRに乗り出しているし…」
そんな理由から絶対に安心だと思っていませんか?

個人型確定拠出年金というお堅い名前をしていますが、
iDecoは1つの資産運用です。

ん?年金じゃないの?資産運用??

ええ、そうです。そうなんです。

資産運用である以上、得をすることもあれば、損をすることもあります。

つまりは、iDecoを活かすも殺すも運用をお任せする証券会社の実力次第ということ!

信頼できる証券会社を選ぶことが何より重要になります。

iDecoを推奨する国を冷静に見極めるべし!

「国が年金を多く貰える素敵なサービスを紹介してくれている。」

そう思っている人はさすがにいないとは思いますが・・・
そもそも、これまで国は年金についてどう言ってたのか考えてみましょう。

「年金をどうか納めて下さい。損はしません。何卒、何卒。」と、
口が酸っぱくなるほど度々言い続けてましたよね?

それが一変、個人運用型の資産運用サービスを推奨してきたわけです。
つまり・・・

「これからは年金に頼らないで個人で積み立ててね。」

平べったく言うと、これが答えです。

国の年金制度は近い将来必ず破綻します。
現役世代は減り、高齢者は増え、支えられるわけがありません。

iDeCoの加入者の範囲が広がったということは、
年金破綻Xデーがいよいよ近付いてきたという裏返しでもあります。

年金はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用してくれていますが、
iDecoはあくまで個人に任せた資産運用です。

「得をしたら得だけど損をしても自業自得!」

それが個人型確定拠出年金の基本的な考え方です。

iDecoって誰得??

もちろん、所得全額控除やiDeCoで得たお金は非課税になるなど、
私たちにも(リスクがある反面で)確かにメリットはあります。

しかし、1番得をするのが誰かといえば管理側の銀行や証券会社です。

手数料や運用管理費がかかります。

管理側からすれば60歳までの間、長期契約で稼業ができるので大きな利益が見込めます。

「毎月○○円をコンスタントに払ってくれる客」こそ、銀行からすれば最高の上客。
しかも口座まで作ってくれるなんて喉から手が出るほど有り難い話ですよね。

あの証券会社もiDeo、この証券会社もiDeo、あの銀行もiDeo、この銀行もiDeo。
今はそんな時代になりつつあります。

だからこそ、加入者側は冷静な見極めが必要です。

1度きりではなく60歳まで毎月の資産運用をお任せすることになるわけなので、
どのような証券会社を選ぶのかが鍵になります。

iDeCo(イデコ)の見極めポイント

iDecoは、節税効果があるのは100%確かなことです。
将来的にもらえる金額に差をつける為には運用コストを下げるほかありません。

  • 信託報酬(運用管理費)が低いところを選んで低コストを狙う!
  • 資産形成ができそうな運用コストを抑えた商品が揃っているか?
  • 運用管理画面が分かりやすいところを選ぶ!

それらのポイントを押さえていて口コミ評価が高いのが「楽天証券」です。

楽天証券は運営管理手数料が誰でも無条件に0円で運用できて、
商品も厳選された32種類のラインナップが用意されています。

楽天証券のイデコ

また、楽天証券は運用管理画面がとても分かりやすくできていて、
「評価損益」の額を見るだけでもどれだけ得をしているのかがすぐに分かります。

実際の利用者の口コミ満足が高いのも納得できます。
よければ参考にしてみて下さい。

楽天証券のiDeCoについての詳細はこちら!

idecoの危険性とリスク