マッツの雅俗な日常をクリップしたブログです。

危険!Windows10へのアップグレード

windows10

Windows10のアップグレード問題がニュースでも話題を集めています。

さすがにMicrosoftも「無償アップグレードを辞退する」というボタンを、
新たにアップグレードウィンドウに組み込んできました。
アップグレードの予定がない人は辞退しておくことをおすすめします。

Windows10にアップグレードしない

Windows10にアップグレードしてはいけない理由

ソフトウェアや周辺機器との相性

OSを入れ替えると、ソフトウェアや周辺機器が非対応になる恐れがあります。
ソフトや周辺機器が使えなく可能性があるので注意が必要です。

パソコンはすべて1つ1つのファイルの組み合わせによって起動しているので、
最悪の場合はパソコンが起動しない恐れもあります。

スパイウェアと同等の機能が組み込まれているため

最近のWindowsは、パソコンを覗ける機能が付いています。
この度のWindows10ではその機能が強化されています。

そもそもよく考えれば、OSを無料配布することがおかしいですよね?
無料で配っても「得をする理由」があるから無料配布するわけです。

Windows8以降のWindowsにはパソコンのハードディスクの中に、
バックドア」という関係者専用口が設けられています。
その専用口には、NSA(米・国家安全保障局)がいつでもアクセスができて、
通信記録、パソコン内のデータなどを覗き見することができます。

外国では既に警告や使用禁止令が出ています

Windows8の段階で、ドイツ政府は使用に警告を出していたり、
中国などでは省庁での使用禁止を決定しています。

国内でも沢山の警告が出ています

国内の自治体、大学、企業などでも警告が出されています。
それらの団体には個人情報、機密データなどが入っているパソコンがあるので、
覗き見の回路を持つOSはインストールすべきではありません。

Windows10は堂々と表から入るスパイウェア

Windows10のエンドユーザー・ライセンス契約をよく読んでみると
「マイクロソフトによるメール、位置情報、履歴などの覗き見を許可する」
旨が書かれています。

内容を確認せず(誰もあんな小さな字の長文を読もうとは思いませんよね…)、
「OK」「OK」と気軽にクリックしていくととんでもないことに…。

Windows8、8.1はいわば裏口からの侵入を許可しているのに比べて、
Windows10は表からの堂々とした侵入を許可しています。

マイクロソフトは既にパソコンを監視するシステムを導入済みです。

Windowsの使われ方をリアルタイムで調査する「Asimov」を導入

ウィキリークスでもNSAの侵入が内部告発されている

世界一有名な告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」でも、
米国家安全保障局が省庁や日本の政府高官や大企業に対して、
盗聴を行っていたのが告発されています。

米NSAが「日本の政府・大企業を盗聴」

マイクロソフトが目指すもの

情報をシェア

マイクロソフトは信頼できるパートナーと寄せ集めたデータを共有することで、
世界をより良くする為のIT企業としての貢献を考えています。

例えば、世界中のパソコンを監視する中で危ないデータがあれば、
あなたのパソコンに侵入してでもそれを警察や関連機関に通報します。
その結果、「ね?犯罪を事前に防止できたでしょ?」という論理ですね。

それが「善」で許されることなのか、「悪」なのかは個人の考え方次第。
ただ「信頼できるパートナー」が誰なのかは明記されていません。
また、そのような回路システムが第三者に悪用されないとも限りません。

もちろん政治家や財界人ならともかく一般小市民のパソコンのデータを、
わざわざNSAが侵入して覗き見してくることはないでしょう。
しかし、Windows10をインストールする人は、少なくとも履歴や位置情報、
メールの内容やPC内のファイルなどは筒抜けであると理解しておくべきです。

Windows10はプライバシー設定をすべてオフにしても、Microsoftとの通信は続けられていることが確認されています。

スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしよろしければ、 「記事読んだよ~」の証として応援クリックお願いいたします。
何よりも皆さまからの応援が記事作成の励みになります。